Pocket

「トシをとる」というと、いわゆる容姿の劣化や足腰の弱りなど、あまり良いイメージがない場合が多いもの。

 

だからこそ「アンチエイジング」なんて言葉も生まれてくるのでしょう。

 

いつまでも若々しく美しくいたい…は多くの女性が望むことです。

 

確かに若いことはアドバンテージです。若々しくピュアな輝きは素晴らしく、財産といえます。

 

しかし、「トシを取るのも悪くない」と思うことも多々あります。

 

仕事をしていると、自分よりも年配のお客様に対応することも多いですが、ある程度年齢を重ねてきて「よかったな」と思う時があります。

 

自分でいうとおこがましいですが、それなりに苦労もしてきています。

 

子どもが2才の時からひとりで育ててきて(最近18才になりました)、その間、居心地のが良いとは言えない事務所で働きながら税理士試験に挑戦してきました。

 

 

まず16年前がやはりどん底で「これからどうすれば・・」と不安でいっぱいで。
その頃、心の中に温めていた「いつか税理士になりたい。」という思いは闇にひっそりと葬り去りました。

 

「小さい子を育てながら働いて・・一体どうやって・・?」
「無理だよね・・。」と。

 

しかし、人間の気力はいつか回復します。そして、わたしは若かった。

 

「大学院ルートで税理士を目指してみよう!」と再び税理士への挑戦を始めます。(同時期に税理士事務所へも就職。)

 

当初、簿記、財表、消費の3科目が揃ったら、夜間の大学院に行こう、と決めていました。

しかし、どうしても知りたくなってしまいました。法人税の勉強を。

 

「みんな、難しいとか、なかなか受からん、とか言うけど、ホンマなん?一体どんなんなん?」みたいな。

 

法人税を経験してみたい好奇心を抑えられず、官報合格を目指すことになります。

 

そして、その法人税になかなか合格できなくて、またまたどん底が待っていました。

 

その時は専念で、仕事を辞めてまで挑戦したのに、12月に容赦なく突きつけられる不合格通知。残酷な試験です。

 

世間は年末で華やぐ時期。クリスマスや忘年会やで楽しそう・・。きっとボーナスも貰って楽しい時期だよね。

 

わたしときたら・・

 

給料なし、養ってくれる夫なし、人生かけて挑戦した試験に落ちて、合格もなし。

 

 

『ないないづくし・・』

 

『・・・・・・・・・・・・・・。』

 

 

あまりの惨めさに心が打ちのめされます。

 

そして、気が付けば軍資金も心もとない額まで減少していました。

 

でも全ては決断してきた自分の責任。

 

 

『働かねば・・。』

『来年もし全滅したらどうしよう・・』

 

 

来年もし全滅すれば、税理士の目標は暗礁に乗り上げることは目に見えました。

 

長い受験生活で体力も落ちてきてるというのに、法人税と相続税の勉強に仕事に育児、家事なんて…

 

崖っぷちまで追い込まれたと思いました。

 

『でも、わたしはラストチャンスに強いから大丈夫!』と言い聞かせて前を向く。
(その翌年になんとか法人税に合格し、首の皮1枚繫がることができました。)

 

 

独立開業時のゼロスタートもなかなか大変でしたが、いやいや、あれらの「どん底」に比べたら、マシに思えます。
(「アカンかったら、バイトしたらええし。どーんとこい!」と開き直っていました。)

 

現在も、全然安定しているワケでなく、これからも不安は消えることはないでしょうが、まぁ、「独立なんてそんなもんやな。」と。
むしろ、不安定だからこそ、毎日一生懸命頑張れるし、「人生を歩んでいる」「生きている」実感がします。

 

ホント、もっと大変な思いをされて来ている方々からすれば、「苦労」と呼べるようなものではないのかもしれません。

 

それでも。

 

そんな歳月を経てきたからこそ、これまで幾つかの場面で伝えることが出来る言葉もありました。

 

若い娘時代なら言えない言葉。

 

だから「よかったな。」と。

 

「トシをとるのも悪くない。」と素直に思えます。

 

長年の苦労や不安が顔に表れてしまうのは悲しいことだけど、
今のところ、ありがたいことに、実年齢より若く見られることが多いです。

 

いろいろな人に助けていただき、支えていただいて、楽しくやってこれたからだと思う。

 

なので心に自然に浮かぶ言葉はやっぱり、「ありがとう。」

 

☆★☆ 編集後記 ☆★☆
スーパーで手軽に買えるカフェインレス珈琲を飲んでましたが・・・

 

 

暑くなってきて、
「アイスで飲むにはどうしたら・・?」と思い、
ネットでインスタントを買ってみました。

 

 

注文時は「インスタントかぁ・・」と思いましたが、
思ったより美味しくて。手軽だし「ま、いっか。」と。
牛乳と氷たくさんのカフェオレにして飲むのがお気に入りです。