Pocket

今年の6/19に子宮筋腫の核出術を受けて、昨日で術後2ヶ月となりました!

 

苦しかった術後を乗り越えて

わたしは子宮の外側にできた約6㎝の筋腫を切り取る手術を受けました。
(筋腫部分のみ切り取り、子宮は温存。)

 

手術直後の6/19は硬膜外麻酔をしなかった影響もあり、痛み止めの点滴があまり効くこともなくかなり痛かったです。また吐き気や発熱にも苦しみました。

 

切腹後の落ち武者のことを想像しながらなんとか耐えました。

 

「落ち武者は切腹後に野に転がってるけど、わたしは病院のベッドの上だからマシ。耐えるのだ!」と。(^_^;)

 

痛みで眠れぬ長い長い夜を乗り越えて、翌朝からは歩き始めました。

 

正直、痛みで歩く気力など無かったですが、「歩くことが出来たら導尿カテーテルを抜いてもOK」と言われていたので、根性で歩きました。

 

オシッコの管を付けられてるのが気持ち悪くて本当に嫌だったのです。

 

腹筋は使えなかったので、腕の筋力を駆使して起き上がり、点滴の棒を杖に必死の形相でトイレまで歩きました。

 

正直、トイレがこんなに遠いと思ったことはありませんでした。

 

看護師さんに「ほら歩けますよ!管を外してください。」と懇願し、外してもらったときの開放感ときたら…!

 

痛みについては日に日に良くなっていきましたが、1週間後の退院の時点では普通に歩くと痛いのでお爺さんみたいに腰を曲げてゆっくりゆっくり歩いていました。

 

病院と違って外の世界は道がデコボコしていたり、すごいスピードで自転車がそばを走り抜けたり、怖いなと思い、少し外に出ただけでグッタリと疲れていました。

 

そんな状態でシャバの生活スタート…!

 

しばらくゆっくりできれば良かったですが、そうも言ってられず、術後2週間くらいから仕事で外出するようにもなりました。

 

主治医から「重いモノはなるべく持たないように」と言われてましたが、パソコンとか運んだら荷物は軽く2キロは超えますし、お客様の所の帰りにスーパーに寄って、特売で豆乳やキャベツが安かったりしたら、やはり買って帰りますし。

 

働いて家事してたら『重いモノを全く持たない』などという姫生活など送れるはずないわ。(苦笑)

 

術後2ヶ月の現在の状態

背中を丸めるほどの痛みは無くなり、普通の生活が送れています。

 

どこも痛く無いって本当に有り難いことと痛感します。

 

ただ、完全に痛みが無くなったワケではなく、モヤ~っと痛いかな..というときもありますし、一瞬キリリと痛むときもあります。

 

天候や気圧の影響もあるのかな?

 

そして少し疲れやすいかな?と感じますし、その影響で日中に眠気が出ることもあります。

 

もしかしたら夏の疲れかも?しれませんし、なんとも言えないのですが。

 

ただ、ヨカッタことと言えば、術前は筋腫の影響で妊娠5ヶ月くらいに下腹部がふっくらしていたのですが、引っ込んだ模様です。

 

また術前は細い便が出ていましたが、現在は大丈夫になりました。

 

術前はおそらく筋腫が大腸を圧迫していたものと思われますが、スッキリできてヨカッタです。

 

キズについてはおへその下を5cmほど縦に切ったのですが、残念ながらキレイに薄くなるのはまだ先になりそうです。

 

それまでキズがキレイに治るというAto fineというテープを根気よく貼り続けます。

 

Ato fineは6枚で1,600円程と高価ですが、1度貼ったものは5~7日間モチます。

 

わたしは半分にカットして、7日間ごとに交換してますので、1箱で約3ヶ月間もつ計算です。

 

1箱目は貼るのを失敗したり、キズが気になって直ぐに剥がして見たりして直ぐに無くなってしまったので、現在は2箱目ですが…。

 

入浴してもふやけたりしないので、スゴイです。

 

9月にキズの状態について主治医に診ていただきますので、また主治医の意見も聞いてみようかと。

 

ただ、万が一キズがキレイに治らなかったとしても、健康であればそれが1番ですので贅沢は言いません。(^_^)

 

暑さもマシになってきたらランニングも再開しようかと。楽しみです☆

 

☆★☆ 編集後記 ☆★☆
日&月曜で鳥取県米子市に祖母の初盆のお墓参りに。
お盆に行くはずだったのですが台風の影響で日&月曜となりました。
高速道路のSAも比較的空いていてヨカッタです。